こんな営業マンは嫌だ!

不正アクセス最多 昨年「フィッシング」激増 警察庁統計(産経新聞)

 インターネット上で他人に成り済ましオークションに参加するなどの不正アクセス行為が、昨年1年間に警察が認知した発生件数で前年比22・1%増の2795件、摘発数で45・6%増の2534件になり、ともに平成12年の統計開始以来、最多だったことが警察庁統計で4日、分かった。

 本物のサイトに似せた「フィッシングサイト」を開設し、だまされて入力したIDやパスワードを悪用した事例が前年の88件から2084件に激増。暴力団が技術者を使い組織的に行っていた事件もあり、同庁は注意を呼び掛けている。

【関連記事】
「ネット上で身ぐるみはがされた」ゲーム不正アクセスで男を逮捕
小6が不正アクセス容疑 補導し児童相談所に通告 徳島東署
顧客の3700万円着服容疑 ソニー銀、元社員を告訴 
「仕事の大変さを分からせたい」会社のHP改ざん 容疑で元社員を逮捕
純真お嬢様の正体は!?「出会えない系」サイトの卑劣なテクニック

<奈良5歳児餓死>生後すぐ虐待か…耳たぶに内出血(毎日新聞)
平野官房長官、沖縄基地問題検討委の打ち切り示唆 首相は否定(産経新聞)
引きずり死初公判 殺人罪の適用例少なく(産経新聞)
<交通事故>「ロバート」の秋山さんが軽いけが 東京(毎日新聞)
普天間移設先には経済振興策 前原担当相(産経新聞)
[PR]
by 97x6nwck5q | 2010-03-10 09:38
<< トランス社元役員を逮捕=架空増... 過大報酬、弁護士を懲戒処分=業... >>