こんな営業マンは嫌だ!

両さん銅像 亀有の商店街関係者ら 包帯で応急手当て(毎日新聞)

 東京都葛飾区の亀有中央商店街にある人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の主人公・両さん(両津勘吉)の銅像が壊された事件で、商店街関係者らが21日、包帯で応急手当てを施した。「もういじめないで」と、地元有志が夜間パトロールも始めた。

 壊されていたのは、両手にマラカスを持っていた「サンバ両さん」という銅像。JR亀有駅周辺の商店街や区が協力して3月に設置したばかりだったが、今月18日、左のマラカスが根元から折られているのが見つかった。

 地元住民たちは「粘着テープでも良さそうだけど、両さんは商店街の仲間だから包帯で手当てした」という。銅像は今月中に修復される予定。【山田奈緒】

【関連ニュース】
アートナイト:一夜限り 街は美術館 東京・六本木
博多火災:被災ラーメン店1週間ぶり再開
火災:早朝、福岡名所の博多川端商店街で9店舗焼く
掘り出しニュース:「本荘ハムフライ」復活を 商店街店主ら意気盛ん
掘り出しニュース:案内は“三国志なりきり看板” 商店主ら登場−−神戸・長田

30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
文部科学省、公立学校の耐震化に予算配分(産経新聞)
愛子さま、登校続ける=始業式から1週間(時事通信)
橋下知事「阪神高速料金改定に同意しない」(読売新聞)
<消費税>引き上げ、与党内で論議(毎日新聞)
[PR]
by 97x6nwck5q | 2010-04-22 23:13
<< 研究内容の第三者評価導入へ―医... 同一略称、止める手だてなし=新... >>