こんな営業マンは嫌だ!

武器使用基準拡大、駆け付け警護可能に 自民が自衛隊海外派遣の一般法を提出へ (産経新聞)

 自民党は12日午前、党本部で外交・国防などの合同部会を開き、自衛隊の海外派遣を随時可能にする国際平和協力の一般法案を決めた。議員立法で来週中にも国会に提出する。

 法案は「国際平和協力法案」とし、国連平和維持活動(PKO)協力法やイラク特措法など、自衛隊の派遣内容ごとに異なる法律を一本化。国連や国際機関の要請に迅速に対応できるようにするほか、日本独自の判断でも派遣を可能とする。

 新たな任務として、治安維持を目的とした「安全確保活動」や「警護活動」「船舶検査活動」を追加。武器使用権限を拡大し、同じ活動を行う他国部隊への「駆け付け警護」や任務を遂行する上で必要な武器使用を可能とする。

 一方、活動範囲は武力紛争が行われていない地域に限定し、一部を除き国会の事前承認を義務づけて国会の関与を強化した。

 石破茂政調会長は「憲法改正や集団的自衛権(行使)の前にやることがたくさんある」と法案の意義を強調した。

【関連記事】
訪米見送り 募る不信感 見えぬ小沢氏の対米観
「日本の存在示した」ハイチPKO中即連隊長に聞く
社民党と自衛隊 国民意識との乖離に唖然
防衛省が「友愛ボート」構想 カンボジアなどで医療支援と文化交流
アジアでもっとも信頼できる同盟国は韓国 米専門家

15日にも沖縄再訪問=参院選は現体制で−鳩山首相(時事通信)
将棋 羽生、3連覇に王手…名人戦・第3局(毎日新聞)
貴金属など1200万円盗難 1人暮らし女性宅 茨城・守谷(産経新聞)
<ハンカチ王子>斎藤まだ伸びる スカウト陣、投球術を評価(毎日新聞)
「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)
[PR]
by 97x6nwck5q | 2010-05-13 07:03
<< 強い自治体の陰に…脳損傷者家族... 研究内容の第三者評価導入へ―医... >>