こんな営業マンは嫌だ!

「戦場そのものだった」=目撃者の証人尋問−秋葉原殺傷第2回公判・東京地裁(時事通信)

 東京・秋葉原で2008年6月、17人を無差別に殺傷したとして、殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(27)の第2回公判が1日、東京地裁(村山浩昭裁判長)であり、目撃者の男性が事件当時の状況について、「戦場そのものだった」と証言した。
 男性は、現場の交差点を横断中、事件に遭遇。加藤被告の運転するトラックに通行人がひかれた状況や、右隣にいた人がナイフで刺された状況などを陳述した。
 事件を止められなかった自責の念から、夜も眠れず、仕事中に取り乱すこともあったとして、「もう少し勇気を持って何かできれば、何人かは助かったかもしれない」と声を震わせた。 

【関連ニュース】
犯行後の検証写真など示す=秋葉原無差別殺傷
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行
「大変申し訳ございません」=加藤被告、冒頭に謝罪
加藤被告「間違いありません」=弁護側、責任能力争う方針
「息子の人生返せ」=遺族、被告に変わらぬ怒り

<鳩山首相>太宰府天満宮「梅の使節」の表敬に笑顔(毎日新聞)
秋葉原殺傷第3回公判 証人を遮蔽、けがの状況生々しく(産経新聞)
<国会同意人事>政府が3機関10人を提示(毎日新聞)
日中歴史共同研究 教科書に影響も 「盧溝橋事件」「南京事件」歩み寄り(産経新聞)
「消火栓」に防災道しるべ 神戸の会社 QRコード 観光客の避難助け(産経新聞)
[PR]
by 97x6nwck5q | 2010-02-08 13:16
<< 橋下知事、私立高の実質無料化制... 東京地検、鹿島会長を参考人聴取... >>