こんな営業マンは嫌だ!

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

不審がられ「患者欲しがる」=薬調達、大みそか・元旦も―不同意堕胎事件で医師(時事通信)

 交際相手の女性に対する不同意堕胎事件で、東京慈恵会医科大学付属病院の医師小林達之助容疑者(36)が、女性に渡す錠剤を調達する際に不審に思われ、「患者が欲しがっている」と偽っていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。
 点滴パックは同病院以外から調達したとみられ、警視庁捜査1課は入手先を調べるとともに、女性を信用させながら実行した事件の全容を解明する。
 捜査関係者によると、女性は2008年12月30日、小林容疑者に「妊娠した」と伝えた。同月31日、同容疑者は同病院薬剤部を訪れ、子宮収縮作用のある錠剤を依頼した。
 自分が担当する腫瘍(しゅよう)・血液内科の女性患者向けとしていたため、担当者は不審に感じて質問。同容疑者は「患者が欲しいと言っているんだから」などと偽り、処方させた。
 翌日の09年1月1日にも、薬剤部を訪れて錠剤を頼んだ形跡があるという。 

【関連ニュース】
別の患者名で錠剤入手=妊娠告知の翌日、結婚直前=不同意堕胎事件・警視庁
妊娠告知10日後に流産=医師、迅速に計画か
医師、流産後も数カ月交際=発覚避けるためか
医師、不正に薬入手か=病院の管理は厳重
女性との結婚意思装う=子宮収縮の錠剤3日分

ブレーキレバー折れ運転取りやめ JR西日本 (産経新聞)
H2A 打ち上げ成功 金星探査機「あかつき」無事分離(毎日新聞)
昨年の新規AIDS患者、08年と同数で過去最高(医療介護CBニュース)
殺処分に向け、口蹄疫ワクチン接種開始(読売新聞)
証券業協会、暴力団データベースを構築 警察庁が情報提供 (産経新聞)
[PR]
by 97x6nwck5q | 2010-05-29 05:34

強い自治体の陰に…脳損傷者家族を襲う「介護者亡き後」の不安(産経新聞)

 【橋下府政ウオッチ】大阪府庁担当になって半年。橋下徹知事の派手な打ち上げ花火に目を奪われて、地味でも懸命に暮らす人々の営みに目を向けていたのか、と反省させられる機会があった。

 先日、NPO法人「大阪脳損傷者サポートセンター」(大阪市)を取材したときのこと。病気や事故で脳を損傷し、長期間昏睡状態にある遷延(せんえん)性意識障害や、記憶や言語などに障害が生じた高次脳機能障害の人たちの家族らを対象に「介護者亡き後」を問うた調査結果に衝撃を受けた。

 現在、主に介護している人が死亡した際などに代わりがいる人はわずか2割弱。アンケートの自由記述欄には「親も高齢化し体調不良。親子心中の思いがよぎる」「看取ってから逝きたい」「苦しくてたまらない」「どうか助けてほしい」といった悲鳴にも似た心の叫びがつづられ、限界の中で介護生活を送っている様子が伝わってきた。

 NPO法人理事長の岩城満代さん(67)も、交通事故で高次脳機能障害になった息子(41)の介護を続けて20年。半年前に偶然の縁で息子を受け入れてくれるグループホームが見つかったが、それまでは「私がいなくなったら息子はどうなるのか」と迷路にはまりこんだように悩んだ。特に、自分の体力の衰えを感じ始めてからは、不安の日々だったという。

 「親亡き後」の問題にめどが立ったとはいえ、それは「宝くじにあたったような幸運」(岩城さん)。同じ境遇にある人たちの大半が、少し前の岩城さんのように悩み続けている。

 宝くじのような確率でしか、悲鳴をあげる人々を救えない社会とは、なんと脆弱(ぜいじゃく)なのか。「強い自治体」(橋下知事)という勇ましいかけ声の陰にある現実に目を向けていきたい。(伐栗恵子)

【関連記事】
看護職員7割が慢性疲労 日本医労連調査
家計に重い「16.5万円」 消費増税 民主が公約化検討
知的障害者の預金着服 新潟市職員を懲戒免職
介護タクシー違法営業の男逮捕 「ローン返済するため」
介護疲れの夫、妻の首絞めた後に除草剤飲む
少子化を止めろ!

民も自もQちゃんに出馬打診(スポーツ報知)
平野長官と徳之島関係者会談 空港周辺整備示す(産経新聞)
首相動静(5月16日)(時事通信)
重体の女子生徒が死亡=中学校校舎から転落―警視庁(時事通信)
<放送法改正案>「電監審」の権限強化削除求める 日弁連(毎日新聞)
[PR]
by 97x6nwck5q | 2010-05-21 09:58

武器使用基準拡大、駆け付け警護可能に 自民が自衛隊海外派遣の一般法を提出へ (産経新聞)

 自民党は12日午前、党本部で外交・国防などの合同部会を開き、自衛隊の海外派遣を随時可能にする国際平和協力の一般法案を決めた。議員立法で来週中にも国会に提出する。

 法案は「国際平和協力法案」とし、国連平和維持活動(PKO)協力法やイラク特措法など、自衛隊の派遣内容ごとに異なる法律を一本化。国連や国際機関の要請に迅速に対応できるようにするほか、日本独自の判断でも派遣を可能とする。

 新たな任務として、治安維持を目的とした「安全確保活動」や「警護活動」「船舶検査活動」を追加。武器使用権限を拡大し、同じ活動を行う他国部隊への「駆け付け警護」や任務を遂行する上で必要な武器使用を可能とする。

 一方、活動範囲は武力紛争が行われていない地域に限定し、一部を除き国会の事前承認を義務づけて国会の関与を強化した。

 石破茂政調会長は「憲法改正や集団的自衛権(行使)の前にやることがたくさんある」と法案の意義を強調した。

【関連記事】
訪米見送り 募る不信感 見えぬ小沢氏の対米観
「日本の存在示した」ハイチPKO中即連隊長に聞く
社民党と自衛隊 国民意識との乖離に唖然
防衛省が「友愛ボート」構想 カンボジアなどで医療支援と文化交流
アジアでもっとも信頼できる同盟国は韓国 米専門家

15日にも沖縄再訪問=参院選は現体制で−鳩山首相(時事通信)
将棋 羽生、3連覇に王手…名人戦・第3局(毎日新聞)
貴金属など1200万円盗難 1人暮らし女性宅 茨城・守谷(産経新聞)
<ハンカチ王子>斎藤まだ伸びる スカウト陣、投球術を評価(毎日新聞)
「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)
[PR]
by 97x6nwck5q | 2010-05-13 07:03