こんな営業マンは嫌だ!

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

南アW杯 いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)

 【ブルームフォンテーン(南アフリカ)安高晋】2大会ぶりの勝利に向け、いざ初戦。サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、日本代表は14日午後4時(日本時間午後11時)、カメルーン代表と対戦する。日本人サポーターも初戦の開催地に続々と集結している。治安情勢に対する懸念もあり、旅行会社のツアー参加者はやや低調だ。それでも駆けつけた熱心なサポーターは「おれたちが盛り上げる」とスタンドをニッポンコールで包む意気込みだ。

【いざ最重要の初戦】日本・カメルーン戦実況速報 注目選手と写真グラフ、直前の表情も

 東京都江東区の会社員、福本智之さん(42)は開幕した11日、ケープタウンでフランス−ウルグアイ戦を観戦してから、初戦の地・ブルームフォンテーンに到着した。「開幕日は国を挙げての盛り上がりが伝わってきて、4年前のドイツW杯よりもすごかった。心配していた治安も今のところ気にならない。日本の前評判は高くないが、善戦を期待している」と笑顔で話した。

 港区の会社員、中居英治さん(46)と妻真弓さん(24)はマレーシアで飛行機を乗り継ぎ、約30時間掛けてようやくたどり着いた。日本代表と同じサムライブルーのシャツを着て「韓国も初戦に勝った。日本だってやれる」とエールを送った。

 一方、カメルーンのサポーターの姿も徐々に増えている。対戦前日の13日、代表選手の到着を見ようと近くの空港に約50人が集まった。赤、緑、黄の国旗を振って選手を出迎えたリチャード・アンダウさん(36)は「日本はグッドチームだけど、我々はベリーグッドチーム。FWエトーが決めて2−1で勝つよ」と顔を紅潮させた。

【関連ニュース】
【写真特集】にぎやか 華やか 各国サポーターグラフィティ
【E組展望】日本の生き残りは?…対戦チーム・要注意選手を徹底分析 順位表も
【今さら聞きづらいW杯解説】強いチームは? 誰に注目? 5分間で丸わかり
【日本代表 挑む23選手】個々に全員を分析 横顔とプレースタイル
【討論企画】柱谷幸一氏と杉山茂樹氏 日本の戦いを展望する

<東京メトロ東西線>車両から煙 一時、運転を見合わせ(毎日新聞)
<人事>最高裁(16日)(毎日新聞)
介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
<はやぶさ>JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
<動物愛護管理条例>野良猫に無責任な餌やりを規制 伊万里市(毎日新聞)
[PR]
by 97x6nwck5q | 2010-06-18 18:12

民主「期待、予想以上」 自民は警戒感 世論調査(産経新聞)

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の調査など各種世論調査で、菅直人新首相に「期待する」とした支持率が上昇したことについて、民主党の選対委員長に就任が決まった安住淳氏は7日午前、「菅氏に対する期待値が非常に大きいのは予想以上で、非常にうれしい。国民のみなさんに感謝、感謝だ」と述べた。夏の参院選に向け、「これを1カ月維持して票につなげていくのはこれからだ」と表情を引き締めた。

 官房長官に就任する仙谷由人国家戦略担当相は、菅政権に「期待する」との回答が57・3%にのぼったことについて、「もう少し欲しいね」と語った。再任が決まっている別の閣僚は「5割は超えてほしいと思っていたのでまずまずの滑り出しだ」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 一方、自民党の大島理森幹事長は、「クリーンな政治をやりたいなら、小沢一郎氏の(衆院予算委員会での)証人喚問を実行すべきだ。それができないのなら『ネコだまし内閣』だ」と批判した。

 ただ、民主党支持がV字回復していることへの警戒感も広がっており、河野太郎幹事長代理は7日、産経新聞の取材に「よその党をとやかく言うより、自民党がちゃんと新しくなっていることを見せる努力が大事だ」と語った。

多発性骨髄腫治療薬レブラミドの適正管理手順を了承(医療介護CBニュース)
巡査長を書類送検=自転車と衝突事故、申告せず―大阪府警(時事通信)
トライアスロン 人生半ばからの挑戦(産経新聞)
【小鳩退場】参院選へ窮余の策 刷新効果どこまで(産経新聞)
民主・辻副幹事長「検察審問い合わせ、当然だ」(読売新聞)
[PR]
by 97x6nwck5q | 2010-06-08 02:36